FC2ブログ
花咲サノバスプリングキャンペーン開催中!
応援中


逃亡者日記R

Home > 2010年09月18日

2010.09.18 Sat エロゲーレビュー:涼風のメルト

捺菜、佳華、月音、羽衣、通常全√完了。
及び全絆語り、神語り、完了。
よって涼風のメルト、攻略完了。

【諸注意テンプレ】
まずネタバレです。言うまでもなく。
個人的主観に基づく意見だということも忘れないで欲しい。
考察で間違ったこと書いてあってもあまり激しく突っ込まないでね。

【感想本体】
私的キャラ順位、サブキャラ含む。
涼=恵>羽衣>月音(過去)=奈津≧月音≧優衣=結>佳華=捺菜>初

全体的に過去キャラ強め。
以下個別。

・キャラ:涼/風
全体的に高偏差値で争ったキャラの面々で私的トップ。
神属性、銀髪、改造和服と好みの要素が多めなのでトップかなぁと。
第一印象ではトップだっただけに最後まで出来ないことが地味にきつかった。同時に最後までやるモチベにもなったが。CV海原エレナ。エロシーンやってて何気付き合い長いなぁと思った。お気に入りキャラなのはそのあたりもあるのかもしれない。

・キャラ:羽衣/初
現代キャラトップ。CVみると後輩属性で涼に迫った。差はおそらくおっぱい。
√中のお兄ちゃん連発はお気に入りシーンの一つwww

・キャラ:佳華/恵
過去キャラトップ。CV五行なずな。
恵のいじらしさっぷりがかわいすぎる。正直結ばれるifストーリーを描いたファンディスクを出してほしいと切に願う。と同時にババァ立ち絵に度肝を抜かれたwww
佳華も世間一般の評判ほどは嫌いではない。通常√の面白さは私的トップ。

・キャラ:月音/月音
CV松田理沙+おっとり先輩の黄金タッグ。現代キャラ首位を羽衣に譲り渡した原因はバイオリズムの差としか。
どちらかといえば食べ歩きをしてる過去編の方が好みだったりwwwあっちの方がかわええwww
過去編でエッチできる唯一のキャラ。

・キャラ:捺菜/奈津
CV遠野そよぎは強かったが正直テンプレ幼馴染が食傷気味。
あと個別√が若干あっさり気味で物足りなくはあった。

・キャラ:優衣/結
CV雪都さお梨。どうして攻略できないんだ。姉妹で血みどろの争いを繰り広げる必要はない俺がすべてを受け入れるZE!

・キャラ:康介/耕介
親友ポジション。報われない男だ。
涼√以外では精霊集めからも省かれるという…どの√でも混ぜてやれよ…
過去編のKYっぷりwww

・キャラ:町長/いろんな時代の村長
佳華√で性格変わりすぎだろwww

・キャラ:その他
まあ特には。精霊たちの雪都さん無双に笑ったくらいwww

・システム
ゲームを進める上での不満点は特にはなし。
TIPSの回収が個人的にはよかった。

・音楽
特には。

・シナリオ
細かいところに突っ込みどころはあるが全体的に涼√にまとめ上げているのはできていると思う。
それぞれのヒロインの過去編での話全体の設定の説明や伏線回収をして涼√につなげつつ、後日談を描くのはいい構成だと思う。(この辺は月音√は特殊な部類に入るし、捺菜√は他ルートに対して事態の解決が甘く後日談と言うより一区切りつけただけという印象はあるが)
彰人の解呪(このゲームの目標の一つ)は全√で行われている(とTIPSにある)のであまり他ルートでの矛盾点も少なめ。こういう主軸ヒロインの話にゲーム全体の話を集約するゲームにありがちな他ヒロインをないがしろにする傾向も軽減されていると思う。

問題点としてはまず佳華√での町長の豹変っぷりが明らかに違和感を感じること。他に悪役を作っておくべきだったは思う。
次に月音√全体としての他ルートとの作りの違いが若干目立った。もう少し違和感を減らすといいと思う。悪いとは言わないけど。
あとは涼√での風との融合ポイントをもうちょい何とかできなかったかなぁと。「あーだから涼風のメルトだったのか!」と納得できるのはいいがそのポイントが中途半端すぎ。締めにもっていってそこから間髪いれずにエンディングに叩きこむ方が演出としては優れていると思う。締めを禁足地の消失にもっていきたかったのはわかるがそれよりはタイトルに沿った形で締めるべきかなぁと。もしくは融合した意味を最後に持たせるとか。

考察面に関しては後ほど。

・その他
かなり細かいとこまで作ってると思う。たとえば音量テスト、シーン回想の選択画面、TIPSなど。そこは高評価。

・エロシーン
各キャラ3回。それぞれのシーンで2~3回は射精シーンがある。

・総合評価
Whirlpoolはいなこい以来。その時と比べるとかなり作品の完成度が上がっていていいと思う。あの時はお気に入りの木村あやかがメインCVだったのに途中で投げるレベルだったのでw
全体のバランスと比べて低めなのはシナリオだと思う。ゲームとして細かいところは気を配っているからシナリオの完成度を上げれば良ゲー制作メーカーになれる。
8月は他にライバルも少なかったので8月ゲーではこの一本を推しておくことにしようかね。


いじょ
考察は独立で日記を書く予定。
スポンサーサイト
[PR]